HOME
花の名前を知ろう 牧野富太郎博士/版画:ささめやゆき

『牧野富太郎博士のことば』

 植物となかよしの友だちになるためには、まずその植物の名を知ることです・・・その名を正しく知ることが植物に近づく第1歩です。あいての名も知らないでなかよしになることはできません。・・・植物の好きだった私は、野山に遊びに行ったり、美しい花の咲く草や、奇妙な実のなる木などに心をひかれていましたが、だれ一人として名を教えてくれる人もいませんでした。・・・私はいろいろ苦労して数冊の本を手に入れ、これを手がかりに自分で植物の名をしらべていきました。・・・名をおぼえておくことは、その人の生涯にとって幸せなことだと思います。 (あかね書房版「牧野富太郎植物記1」より)

牧野博士写真
牧野富太郎博士とは

花の名前を知ろう運動

 はなせんせは花を思う心はまず名前を知ることから---をコンセプトに「花の名前を知ろう運動」を企画しました。

  この第1歩、「ネーム付け」は、サイト内の花コミ写真に正しい植物名を付すしくみで「過去の写真が埋もれることなく検索できるようになる」機能でもあります。

 参加方法は「ネームを書き込む」と「good ボタンで賛同する」の2通り。閲覧だけでも楽しめますが、ちょっと奮起して参加してみてね!

「ネーム付け」の詳細はこちら

【ネーム付けの特典】 正しく「ネーム付け」された写真は、3万種類収録の植物辞書「花ペディア」に順次登場します!
【専門家も歓迎!】

◆「品種名も判る」方の参加をお待ちしています。同定レベルをぐーんと引き上げてくださいね!

HOME   このページのトップへ